山古志の稲刈り

今年も稲刈りの日が来ました。空模様を心配しながら田んぼへ。雨はあがり、青空も見えています。

それでも、田んぼは水浸し。稲も濡れて重く頭を垂れています。それを一つ一つ手刈りで刈る皆さん。本当に昔からこの地に暮らす人々のたくましさを見せられているようでした。山々の間にひっそりと育つお米。今日の参加者は、木籠のや山古志のたくさんの助っ人の方々にふるさと会の顔なじみといった家族のような稲刈りでした。

 

長靴はほとんど埋まり、足元のおぼつかない中、せっせと素早く動く手と、転ばない足腰。何とも見事な働いて出来上がった人間の身体です。

   

中学生の少年が引くソリが、稲運びには大活躍。あと一息で刈り終えるときには嬉しくて嬉しくて、ひときわ明るい雰囲気と、唄声やらも飛びたします。はざかけを終わらせて、さあお昼ご飯だ。

 

御馳走を囲んで、みんなでかんぱ~い!このひとときがたまりません。本当に本当に、ご苦労様でした。お米が繋ぐ私たちです。

2018.09.17 | イベント報告,新着情報,最近の木籠

10月の行事ご案内~芋掘り・砂防ダム見学~

5月に郷見庵脇の畑で植えたサツマイモ、里芋がそろそろ収穫の時期になってまいりました。

今年も郷見庵を訪れた方にも芋掘りを楽しんでいただけるように芋掘り会を行うことになりました。

又、木籠地区で年末までに完成する冷子沢(しゃっこざわ)水系の砂防ダムの見学会行います。

完成後はダムの上部を見ることが出来なくなりますが、当日は施工管理元の湯沢砂防さん(北陸地方整備局湯沢砂防事務所)から説明を頂き、希望があれば、ダム上部からの見学が出来るかと思います。

1. 芋掘り会        10月7日 10時より

2. 砂防ダム見学会     10月7日 13時より

大勢の皆様の参加をお待ちいたします。

2018.09.17 | 新着情報,最近の木籠

雨にも負けず!山古志ウオーキング

9月8日、山古志ウオーキング。小雨になったかな、と思うとまた雨あしが強まるなか、出発時刻になりました。600人も県内、県外からエントリ―されているそうです。皆さん、気を付けて頑張ってくださいね。

 

 

いつもより少し時間は遅れましたが、雨具に身を包み、木籠の橋を皆さん続々渡ってこられます。郷見庵では、かぼちゃやにミョウガの漬物など季節のおもてなし。あったかい手作り蒟蒻、いつもの神楽南蛮おにぎりや牛汁も身体を温める大盛況でした。

 

皆さん、テントの中で肩寄せ合って一休みです。雨をしのいで、充電して、ゴールまでお気をつけて、頑張って!

また、雨の中橋のたもとで足を止め、水没した家屋のことを尋ねてくださる方々も複数いらっしゃいました。現在は木々に覆われて少しわかりにくくなっていますが、ここがすべて水で埋まり、撤去されましたが多くの家屋がここにあったことをお話しすると、大変でしたね、頑張ってくださいねと、雨の中励ましてくださり、ありがたい気持ちで一杯でした。

2018.09.09 | イベント報告,新着情報,最近の木籠

秋の行事予定

木籠ふるさと会、秋の行事予定の内、スケジュールが決まった9月の計画をお知らせいたします。

 

1・9月8日 10時ごろ       山古志ウオーキング、郷見庵御もてなし

今年も山古志ウオーキングはロングコース、ミドルコース共、郷見庵が最初の最初の休憩所になります。

9時半に山古志支所スタートになり、600人前後の参加者は10時から11時に集中して休憩をとりますので、

お茶のおもてなしのお手伝いに、ご都合のつく方のご協力をお願いいたします。

 

2・9月17日 9時から   稲刈り   (生育状況、天候等により変更の場合有り)

昔ながらの手作業での稲の刈り取り、天日干しのハザ掛け作業を行ないます。

参加される方は作業に向いた汚れてもよい服装でお出で下さい。

稲刈り鎌は10本程、用意しお貸しすることが出来ますが、お持ちの方は持参頂けると助かります。

昼食食材準備等の都合がありますので、参加頂ける方は出来るだけご連絡をお願い致します。

大勢の方の参加をお待ちいたします。

3・9月下旬  脱穀作業

 

その他のお知らせ

ふるさと会会員で新潟大学准教授の坂田先生が山古志に関連する講演を新潟大学で行いますのでご都合の付く方の聴講をお願いいたします。

9月15日(土)13:00~15:50 新潟大学農学部大講義室(C-110室)

〔農山村地域の未来を考える〕のテーマの講演会で坂田先生は15:05より「中山間地域における地域コミュニティの振興ー長岡市山古志地区を事例として」の講演を行います。

2018.09.02 | 新着情報,最近の木籠

ページトップ